仕事で群馬にやって来てはやX年。現在は教授職から離れて、気の向くままに活動中。

2013年02月16日

愛光堂に行ってきました・2

自由が丘では、カフェですごく美味しいスペアリブを食べた後、青山へ。
そこには私の愛用品である香水のお店があるのです。
「サンタマリアノヴェッラ」といいます。
トマス・ハリスの小説「ハンニバル」にて、レクター博士がクラリスに贈るのがここの香水。
私はコロンを3種類ほど試香して、1本買っちゃいました。
それから再び自由が丘に戻ると、時計は二時を回るところでした。
うーん、半端な時間だな、と思っていると、駅近くに猫カフェがあるのを発見。猫たちと戯れてきました。
この店の猫は、どれも生後半年〜1年ぐらいの若猫で、「遊んで、遊んで」攻撃が盛ん。かなり楽しめました。
それから、愛光堂そばの熊野神社前にあるルピシアに行き、燻製していない正山小種を買い、3時になったので愛光堂へ行きます。

愛光堂店内に入ると、11時の発注の時に一緒になったお客さんがすでにお兄さんから説明を受けていました。
私の番になると、トレーの上から願い事や生年月日を書いた紙が取り払われ、下からキラキラのブレスが顔を覗かせました。
「華奢でカラフルに」というお願い事の通り、ブレスはキラキラのカット石をふんだんに使った、「これがパワーストーンブレス?」と思ってしまうような見事な出来栄えでした。

誰かが言っていたのだが、まず考えなければならないのは「こうありたい自分の理想像」であって、現在の自分と理想の自分とのいかんともし難い溝を埋める力を、なんとかパワーストーン様で補ってやろうというものらしい。

確かにそうだと思います。私は今、教授職を離れ、ある人気商売に手を出しているんです。愛光堂に集まる芸能人と同じだ……とは言い過ぎかもしれないけれど、でも、これで売れ行き変わるなら安いものだと思います。

ブレスは一人ひとりデザインが違うので、個人特定を避けるために予算も画像も載せません。

(続く)


同じカテゴリー(日記)の記事画像
ノマドワーカー
『メンタリスト』のあのカップ
激安名刺レポート
同じカテゴリー(日記)の記事
 ノマドワーカー (2013-04-20 18:05)
 プロになる人/なれない人 (2013-03-25 20:54)
 『メンタリスト』のあのカップ (2013-03-23 15:31)
 激安名刺レポート (2013-03-21 13:22)
 愛光堂に行ってきました・3 (2013-02-22 20:48)
 愛光堂に行ってきました・1 (2013-02-15 19:51)

Posted by 子猫山ネココ at 16:50│Comments(0)日記
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

<?=$this->translate->_('削除')?>
愛光堂に行ってきました・2
    コメント(0)